Concert Information
UPDATE : 2007/4/3

 第19回ミュージック・ペンクラブ音楽賞 授賞式を終えて

 この度「第19回ミュージック・ペンクラブ・ジャパン音楽賞」の国内アーティストポピュラー部門でコンサート・パフォーマンス最優秀賞を受賞致しました。(授賞式は、3月30日文京区シビック・ホール最上階で行なわれました。)
 32年間アルパ一筋に歩んできましたが、これまで暖かく支えてくださった皆様には深く感謝申し上げます。
 先日の授賞式の来賓の中には「初めてアルパを知った」と言う雑誌記者の方々もいらっしゃったので「アルパ」の知名度の低さに驚くと共にこれからも益々広めていく余地があると感じました。今後ともご支援のほどよろしくお願いいたします。
◆ルシア塩満◆



 第19回(2006年度)ミュージック・ペンクラブ音楽賞
ポピュラー部門での受賞が決定しました
■コンサート・パフォーマンス(日本人アーティスト)
  「ルシア塩満 アルパ・アコースティック・コンサート」
  (2006年10月15日 東京文化会館小ホール)

パラグアイ日本人移住70年々。当地に移住した経験のあるルシア塩満のアルパ・アコースティック・コンサートは、爽やかで家庭的な暖かさの中に、アルパ一筋31年の真摯な姿勢が、技術の確かさともに一本の筋として通っていた。トリオをメインに、日本人ケーナ奏者やオカリナも加え、「カスカーダ」はじめ新旧曲に「涙そうそう」、ルシアの自作も佳曲。パラグアイの伝統を受け継いだアルパの魅力をしっかり表現していた。(鈴木 道子)

ミュージック・ペンクラブ賞とは?
 その年に公開または発表された音楽界の全プロダクツやイベントを対象し、また、録音録画の形で発売されたもの、公演や著作、技術開発を含み、音楽家、企画者、著者、制作メディアの担当者をはじめとする当事者に贈られる賞で、「クラシック」「ポピュラー」「オーディオ」の三分野で表彰されます。
贈呈式は3月30日(金)16時30分より文京シビックセンター26階スカイホールにて行われます

●受賞作品

【クラシック部門】
■録音・録画作品(外国人アーティスト)
「M-A.シャルパンティエ:ソロモンの裁き、長い奉納式のためのモテット/W.クリスティ指揮レザール・フロリサン」(東芝EMI/TOCE55872)

■録音・録画作品(日本人アーティスト)
「ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第30番、第31番、第32番/内田光子」(ユニバーサルミュージック/UCCP-1117)

■コンサート・パフォーマンス(外国人アーティスト)
「アーノンクール/ウィーン・フィル来日コンサート」(2006年11月13日 サントリーホール)

■コンサート・パフォーマンス(日本人アーティスト)
「びわ湖ホール・プロデュース・オペラ ヴェルディ《海賊》日本初演 」(2006年10月28、29日 びわ湖ホール)

■著作出版物
「一枚のディスクに レコード・プロデューサーの仕事/井阪紘 著」(春秋社)


【ポピュラー部門】
■録音・録画作品(外国人アーティスト)
「デュエッツ:アメリカン・クラシック/トニー・ベネット」(ソニーミュージック/SICP1152)

■録音・録画作品(日本人アーティスト)*特別賞受賞
「秋吉敏子 渡米50周年日本公演/秋吉敏子&ルー・タバキン・スーパー・カルテット・フィーチュアリング・ジョージ・ムラツ、ルイス・ナッシュ」(T-TOC RECORDS/TTOC0006)

■コンサート・パフォーマンス(外国人アーティスト)
「ザ・ローリング・ストーンズ ア・ビガー・バン・ツアー」

■コンサート・パフォーマンス(日本人アーティスト)
「ルシア塩満 アルパ・アコースティック・コンサート」(2006年10月15日 東京文化会館小ホール)

■著作出版物
「JAZZ LEGENDS ダウンビート・アンソロジー 60YEARS OF JAZZ/フランク・アルカイヤー編  監訳 廣瀬真之  訳 田村亜紀」(シンコーミュージック・エンタテイメント)


【オーディオ部門】
■録音
「シャコンヌと枯葉/ユーシア・クァルテット」(エヌ・アンド・エフ/NF63101)

■技術開発
「JBL Project EVEREST DD66000」

■著作出版物
JBL 60th Anniversary(ステレオサウンド)




 ルシア塩満がパラグアイ共和国から受勲

 2004年3月17日、帝国ホテル「牡丹の間」において、パラグアイ共和国レイラ・ラチッド外務大臣より国家功労勲章【コメンダドール位】が授与されました。
 これは長年にわたり、日本においてパラグアイ音楽とアルパを広めた功績が認められて与えられたことで、日本人がアルパ奏者として受勲したことは特筆されてよいでしょう。

「この栄えある受勲を励みとして、これからもパラグアイ音楽とアルパの更なる普及に努めることをお誓いいたします。これからも、皆様のご声援をよろしくお願い致します」
◆ルシア塩満◆




中央の緑色のスーツの方がレイラ・ラチッド外務大臣です。とても気さくで暖かい素敵な方なんですよ。



在日中には、大変お世話になりましたパラグアイ前大使も再来日されて沢山の祝福を頂きました。





Office Arpegio © in 1999